お出かけ先で、ママの買い物中 子供たちはどこに行く??

“3児の母です。1番上のお兄ちゃんは、小学一年生になりました。1番したの娘は、もうすぐ2歳になる やんちゃ盛りです。
どのお子さんも、同じではないと思いますが、うちの子供たちは、特に1番目と3番目が、お出かけ先で、姿を消します。もちろん、誰かが連れ去るわけでも、誘拐?でもありません。自らの意思でいなくなります。
2歳から3歳ぐらいの歳のお子さんは、好奇心が旺盛で、自ら歩くことが楽しくて仕方ない時期かと思います。
そんな子供たちは、ママが買い物してるから待っていようとか、考えないですよね。追いかければ、逃げるで、余計に楽しくなります。
私は、買い物中、そんな子供たちのおかげで、お店の中で汗だくです。
3番目の娘は、まだ、私がいないとお店の中で「ママ〜」と探してくれるので、まだ助かります。娘も私を探すくらいなら、逃げ回らないでほしいと思うのですが、お兄ちゃんに比べれば、いい子だなぁと感心しています。
1番目上のお兄ちゃんが、2歳から3歳ぐらいの間は、とにかく たいへんでした。店内放送も何度か経験があります。同じぐらいの歳の子供がいると、ついて行ってしまうんです。今でもそうですが、世界人類みんな友達みたいな考えを持った子供でして、誰にでも話しかけます。
そして 違う家族の一員になってしまいます。多分、その家族の方が、気づいてお店の方に放送してもらっていると思うのですが、今の世の中、そんなにいい人ばかりではないのが現実ですので、何度ハラハラしたか わかりません。
そんな1番上のお兄ちゃんには、私は山登りなどで使用する熊よけの鈴をズボンのベルト通しにいつもつけていました。
大きな鈴なので、店内の騒音の中でも結構聞こえるので、音が聞こえるところにいるときは、少し安心ができました。
小さな子供は、商品棚の間にはいると、背が低いので、居場所が一瞬で分からなくなってしまいます。とても買い物どころではなく 汗だくで終わるのが常で、結局、また同じところに買い物に行くというのがいつものパターンでした。
3番目の娘は、スカートが多いので、移動ポケットのクリップで小さな鈴をつけています。娘は、バックなどを身につけることが嫌いなので、鈴も小さくしました。
鈴をつけたからといって いなくならないわけではありませんが、少し品物を見る時間ができた気がします。
うちの子供だけで、3人で3パターンあるのですから、すべての子供はみんな違いがあって、悩みも違うとおもいます。そこが難しくもあり、面白いとも思えます。面白いと思えるのは、もちろん、余裕のあるときですので、難しいことの方が多いかもしれません。
面白いと思えた時をちょっとでも思い出せると、クスッとできて、余裕を取り戻せるかもしれないと、私はおもいます。なので、お兄ちゃんにつけてた熊よけの鈴も、今考えると、ちょっと面白かったかもと今では思います。

住宅ではベランダもチェック項目ポイント

地味なポイントかもしれませんが、「ベランダに屋根がない」って結構きつかったりしますからね。外観を重視してのことなのか、「屋根がついていないベランダのある家」って時々あるんですよね。そして、見学時にはとくに気に留めていなかったという人も多いものですから。

しかし、実際にその家での生活が始まればわかるんですよ。「ベランダには雨を避ける屋根が必要だ」ということが。「うちは洗濯物は室内干しだし、ベランダなんて使わないからいいよー」と思っている人だって、でも布団を干したりはするでしょう。

ベランダの手すりだけではなく、物干しに寝具を干すことだってあるでしょう。子供がいましたら、寝具を干す機会はありますからね。室内に干すより日光消毒したいですから。ですからこそベランダってあって損するものではないのです。そしてベランダがあるのならば、ベランダに屋根はついていた方がいいんです。

ですからベランダのある家を見学したら「屋根」のチェックも忘れないように。なんなら屋根がない分だけ値引きしてもらうこともできるかもしれませんしね。それだけ「ベランダに屋根がない」ことはウィークポイントになったりするんです。

子供部屋のリフォームについて

中古のマンションを購入して今リフォームを検討しています。ポイントになるのは子供部屋をどうするかと言うことです。

今は3 LDKのマンションで2人の子供たちに寝室、勉強部屋として 1部屋ずつを当てています。しかしながら、これから中学受験を考えたときに子供部屋に勉強させるべきかどうかを迷っているのです。

今考えているのは子供部屋は寝るためだけにリフォームをし、勉強は極力リビングで行うことにしたいと考えています。要するに2人の子ども部屋のうち1つは私と家内の部屋にして、もう1部屋は2人の娘の寝室とタンスを置くようにしようと言うプランです。リビングダイニングのスペースを少し拡張し、大きなテーブルを置けるようにして、そこで勉強ができれば良いなと考えています。

子供たちもこのプランに対してはまだまだ納得はしていませんが、スマートフォンやパソコンやテレビを自分の部屋にこもって触るよりもきちんと親がチェックするためにはこのプランは正しいと私も家内も信じている次第です。

 

子どもの友達作りで親ができること

私は、転勤族の多い地域に住んでいます。主人の都合の仕事で今の土地へ3年前に引越しました。知り合いが誰もいなかったので、早くママ友ができて、子どもも友達が増えて欲しいと思っていました。誰もが知り合いである地域よりは、友達づくりがしやすいなと感じています。私がしているのは、子育てセンターへ積極的に子どもを連れていくことです。大体同じ年齢の子と一緒に遊ぶので、お母さんに「何歳ですか?」と質問することから始めて、会話につなげられるようにしています。親同士が楽しそうに話していると、子どもにも伝わり、とても嬉しそうな顔をします。そして、なるべく晴れた日は公園へ連れていきます。昨日できなかった遊具が、次の日には使えるようになったりと外遊びは沢山するほど発見が多いです。その中で、同じ年齢の子を見ると気になるみたいで、追いかけたり、追いかけられたりします。キャーと騒いで楽しそうです。そこで出会った親御さんとなるべく話をするようにします。顔見知りも増えてきました。子ども同士の学年が同じだったりすると、今後幼稚園や小学校の行事で会えてより親しくなれるかな、と心強い気持ちです。子どもも、以前あった子を覚えているみたいです。友達づくりも少しずつ覚えていって欲しいと思います。

親子はどうしても似ている

私は子ではありますが、母からなんやかと子供の頃の話を聞く機会があります。
例えば、子供は親のやる事をよく見ている、そしてそれを真似するのでふとした拍子にこれを私がやっていたのかとドキッとした事がよくあったそうです。
子供の頃、扉を足で開けていた所を母に見られ、怒られましたが、「お母さんだってやってた」と反論した事がありました。
子供目線ではありますが親がやっている事はやっても良い事だと認識していると言う一例だと思います。
他にもふとした拍子の言動が親そっくりだったりと、結局子供は親に似るのだなと母は思ったそうです。
私はよく父に似ていると母から言われていましたが兄は母に似ていると母は思っていたようです。
しかし、雨の予報が出ていたある日、父は合羽を持っていたにも関わらず濡れて帰りました。
その後帰ってきた兄もまるで示し合わせたように濡れて帰ったそうです。
兄に聞いた所、「着るのがめんどくさかった」との事でした。
その時母は「兄は確かに父の子でもある」と強く実感したそうです。
親子って不思議と同じ行動を取る事があって面白いですよね。

中学で離れてしまった娘の友達付き合い

長女は中学から私立中学に通っているため、必然的に普段からお付き合いする友達も地元の同級生ではなく、どうしても同じ中学の同級生ということになります。ということで同窓会にもいっていません。同じように私立中学に進学した約2割の同級生たちは同じようなことになっているようです。これはひいては将来的に成人式でも同じメンバーで集まらないということになってしまいます。
こうした人間関係にまで親が口出しすることもないし、そもそもこうした環境にしてしまったのは私立中学受験をすすめた私たち親の影響も非常に大きいわけですから。
しかし、わたしのように田舎で育ち、地元につながりが深い人間にとってはこうしたコミュニティも大事してほしいという思いも持っています。
これからの彼女の人間関係を考えたときにこうした地元に依存した関係が少しでも残っていれば非常に心強いと考えることも出てくるのではないかと思います。
無理強いは決してできませんが。

義母と子育てについて

私の子供は両家にとって初孫でした。なので両家の親から注目も的でかわいがってもらっていました。でもその代り口もよく挟まれました。子供が離乳食になってからは義母から、野菜を食べさせなさい、とか、もっと小さく食材を刻まないとたべられないんじゃないの?など、アドバイスなのでしょうが年に2回の主人の帰省の時は義母からの言葉が結構胸に突き刺さることが多かったです。冷静に考えたら子供のためのことばかりなのです。子供を思うからこそ出る言葉だと言うのは分かっているのですが、言われるとなんだか良い気持ちにはならないのは、私が義母とまだ分かり合うほどに接していないからだったのだと思います。2年後に主人の妹に子供ができてから、義母と私の関係がちょっと変わってきました。妹さんはおもいっきり義母に子育てを頼っているようで、食事や、おむつ替えや、産後の肥立ちがあまり良くなかったようで、たくさん義母がお世話のために妹さんの家に通っていたそうです。
そして先日私と義母が話す機会があって、言われたことは「赤ちゃんの世話ってこんなに大変だったかしらって思ったわ、野菜食べさせてないだの、小言いろいろ言ってごめんね、自分の娘よりも○○ちゃんのほうが子育てよくできてるわ」と私を褒めてくれたのです。
なんだかそれを聞いて胸のモヤモヤがスッと取れて、義母の注目の的が妹さんの子供に行ったのも、意識が分散して良かったなと感じました。

我が家では魔の14歳と言っています

通常子育てで一般的に言われるのは「魔の2歳」という言葉です。2歳で何らかの反抗期が来るということです。しかし、我が家の2人の娘に限っては家内いわく、魔の14歳です。要するに中学2年になって一時的な反抗期が来るという考え方です。確かに一人目の時も二人目の時もなぜか中学2年生がある意味で反抗期でした。家内の分析では、二人とも私立の一貫校に行き、1年がたったころで周りのお友達も同じようにちょっと生意気になりつつあるころだというのです。確かに言われてみれば、わからない話ではありません。1年たって、そのペースもわかり、進学に対する心配もないからこそ、後輩も入ってくるとわがままになってしまうということなのでしょう。
しかし、驚くことにこの魔の14歳は1年弱でピタッと二人とも終わってしまいます。中学3年生になると次に成長が待ち受けているらしく、将来のことなどを突然話し出すようになるわけです。おそらく周りのお友達も同じかと思います。

「何でもいい」はNGワード!意思表示をさせることはしつけの基本です

我が家では、9歳の娘に何かを選ばせたり決めさせたりする時、必ず自分の意見を言うようにさせています。言葉を自由にできるようになってきた頃から、その習慣を身につけさせるように努めてきました。特に「何でもいい」は禁句で、それは娘に対してだけでなく、親である自分たち夫婦間でも徹底するようにしています。例えば、食事で何を食べたいのかを答えてもらう時が意外と一番難しいようで、毎日のことなので考えてみたら当たり前かもしれないと、娘に教えられました。意思表示をきちんとできる人間になってもらいたいと、夫と話し合って決めた方針です。それにはまず、自分の頭で物を考える習慣をつけることが肝心と思っています。そして、自分の言葉で思っていることを相手に伝えられるようになることが大切なことだと思っています。例えばイヤな気持ちになった時、我慢したり不機嫌になって黙ったりするだけでなく、何が原因でそういう状態になっているのかを伝えさせるようにしています。というのも、親である自分がそういう人間なので、特にしつけている意識はないのですが、見事にコピーしたような人間に娘はなっています。家族間だけでなく友達の間ですら自己主張が強く、たまに揉めてくることもあるようですが、その原因と解決方法を考えて相手に提案することも子供ながらにできるようで、頼もしく眺めています。

0歳から2歳ごろまでの子供の歯磨き

早い子だと4,5か月頃から生えてくる歯。初めて子供の歯茎にうっすら白いものを発見した時は、嬉しくて、いつ生えてくるかな~と楽しみに待っていました。しかし、実際に生えてみると、それまではしなくてよかった歯磨きをしなければならなくなり、これがなかなか大変です。特にまだうまく意思疎通ができない0歳~2歳頃までは、子供は口になにか入れられることを嫌がり、泣くわ暴れるわで大変。歯磨きを嫌がらない子だと一日に2回歯磨きをしている、なんて話も聞きますが、うちの場合は夜寝る前にするのが精いっぱい。いつも歯磨きをするときは少し憂鬱な気分になります。嫌がる子供を押さえ、歯磨きの歌をうたいながら無理やり楽しい雰囲気を作り出し、かたくなに閉じられる口をなんとか開けてもらい、必死に歯磨きをして、終わった後の達成感はありますが、とても疲れます。そもそも歯磨きってやはりしなければならないの?と思い、かかりつけの歯医者さんに聞いてみたところ、『押さえつけてでもしてください』とのこと。やはり虫歯になって痛い思いをするのは子供なので、普段からしっかり歯磨きをすることが何より大事。また間食の回数や、お砂糖の量に気を使うことも大切なんだそうです。いつも苦戦している歯磨きですが、最近は歯ブラシの他に歯磨きシートも使い始めたところ、歯磨きシートは意外と大丈夫だったり、その流れで歯ブラシもすんなり口に入れさせてくれたり、うまくいく日が増えてきました。この調子で虫歯にならないように歯磨き頑張りたいです。