私の年子育児の経験で大変な事はこれ、でもやっぱりこどもは可愛い

私が子育てをしているとき、年子でどうしても上の子に構ってあげる事が出来なかった事があります。

いろいろと我慢させてしまった事を後悔しています。

夜中に1人が起きて泣くと、もう1人も連鎖的に泣き始めて収集がつかなくなって、上の子に当たってしまった事、もう少し構ってあげられればよかったなと思います。

やっぱり年子育児は大変なので計画的に子作りをすればよかったと後悔しました。

そこで、一緒に寝ている旦那さんにお願いして、抱っこしてもらったりミルクを飲ませてもらったりして、上の子が泣いたときは私が対応できるようにしてもらいました。

日中も積極的に下の子を見てくれたので、上の子と2人でお出掛けをしたりできたので、少しは上の子の寂しい気持ちを埋めてあげる事ができたんじゃないかと思っています。

お互いの両親にもお願いして、下の子を預かってもらったりもしました。

やっぱり上の子もとても嬉しそうにしていたので私も嬉しくなりました。

同じように悩んでいる人もいるとは思いますが、やはり1人でなんでもやろうとせず、周りの人たちにどんどん頼っていいと思います。

どんな母親も1人で全責任を負うなんて無理だから、時には少し気を抜いて、手を抜いてもいいと思います。

お父さん、お母さんと呼ばせたい。

息子にはパパ・ママではなく「お父さん・お母さん」と呼ばせたいと思い、乳児期から子供に話しかける時も「お父さん」「お母さん」と言うことに気をつけていました。

それには理由があります。

私自身が「パパ・ママ」と呼びながら育ったことです。

私が子供のころ、周りでパパ・ママという呼び方をしている子がほとんどいませんでした。

人に親の事を話す時などもその時だけ「お父さん・お母さん」と呼ぶことに気恥ずかしさを感じていました。

男兄弟も皆、パパ・ママと呼んでいましたが、思春期に入るころにはそう呼ぶことに恥ずかしさが出てきたのか、親を呼ぶ時は「ねえ、ちょっと」などと呼ぶようになりました。

成長とともに、「お父さん・お母さん」に変われたたらよかったのですが、結局男兄弟たちは、結構大人になるまでそのような感じで、いつの間にか人に話す時などは「おやじ・おふくろ」となりましたが、なんだかそういうのを見て親も子もつらいよなぁと思ってしまったのです。

私の子供も息子です。

私たち夫婦はパパ・ママと呼ばれるような見た目ではないのと、自分自身や兄弟が成長とともに「パパ・ママ」と呼ぶことが気恥ずかしくなってしまったこと、そして今更呼び方も変えることもできず、いい年をした大人がパパ・ママとはやはり呼びにくいのです。

子供は小さなころはパパ・ママの方が呼びやすいし、親も早く読んでほしいという気持ちから自ら「パパだよ~」などと子供に話しかけてしまいがちですが、ここは根気よく「お父さん・お母さん」と呼び続けて幼児言葉で読んでくれた時のかわいらしさ、そして成長とともに「お父さん・お母さん」と呼んでくれた時のうれしさもまたかけがえのないものとなりました。

この事だけは夫婦で共通の考え方だったので、良かったと思います。

道路に面した一戸建て住宅は結構揺れます

私は道路に面した新築一戸建て住宅を購入しました。

最初に物件を見たときに、明るい場所に建っているから非常に良く見えました。道路に面しているとその道路の分が広く開いているので、日当たりが良いからです。

また、この物件は四角い整形地に建っていました。私の住んでいる町は、大まかに分けて、四角い整形地と、通路を入って敷地に入る旗地があるのですが、整形地の方が形が整っていることもあり、資産価値も高くなります。私はこの点が気に入りました、そして購入しました。

さて、実際に住んでみると、室内はやはり明るく、そして日差しが入るため、暖かくて心地が非常によかったです。

しかし、予想外の事がありました。「振動」です。

購入した住宅は道路に面する土地だったので、確かに明るかったのですが、道路を大型の車が通過すると、その車の振動が伝わって来るのでした。そして、この振動が気になり出すと、車の通る度に不快な思いをするようになりました。

物件は内覧だけでは分からない落とし穴が意外にある場合があります。よく確認することをお勧めします。