カテゴリー別アーカイブ: 子供部屋

子供部屋のリフォームについて

中古のマンションを購入して今リフォームを検討しています。ポイントになるのは子供部屋をどうするかと言うことです。

今は3 LDKのマンションで2人の子供たちに寝室、勉強部屋として 1部屋ずつを当てています。しかしながら、これから中学受験を考えたときに子供部屋に勉強させるべきかどうかを迷っているのです。

今考えているのは子供部屋は寝るためだけにリフォームをし、勉強は極力リビングで行うことにしたいと考えています。要するに2人の子ども部屋のうち1つは私と家内の部屋にして、もう1部屋は2人の娘の寝室とタンスを置くようにしようと言うプランです。リビングダイニングのスペースを少し拡張し、大きなテーブルを置けるようにして、そこで勉強ができれば良いなと考えています。

子供たちもこのプランに対してはまだまだ納得はしていませんが、スマートフォンやパソコンやテレビを自分の部屋にこもって触るよりもきちんと親がチェックするためにはこのプランは正しいと私も家内も信じている次第です。

 

子供部屋はあった方が良いのか考える

子供のために一人部屋を作ってあげた方が良いのか気になる方もいるでしょう。しかしわざわざ引っ越しをする必要があるのかと考えてしまう場合もあります。結論から言うと一人部屋は作ってあげた方が良いと言えるでしょう。子供は大きくなるに連れてプライベートな時間がほしくなってくる場合が多いです。しかし自分からは親に頼む事ができない場合が多く、最終的にはなかなか家に帰ってこなくなってしまうなどの状態になってしまう場合もあります。そのため早い段階で子供部屋を作ったあげた方が良いでしょう。子供部屋は狭くても全く問題ありません。ベッドとテレビを置く事ができるスペース、そして勉強をするための机を置く事ができるスペースがあれば全く問題無いと言えるでしょう。少しでも大きな部屋の方が良いのではないかと考えてしまう場合もありますが、子供が1人で自分の時間を満喫する場所でもあるので、最低限のスペースが確保できていれば良いと言えるでしょう。

落ち着いてゆっくりと勉強できる子供部屋

子供は二人で一つの部屋を使っています。六畳で二人なので、とても狭いとは思いますが仕方がありません。でも真ん中で仕切ってそれぞれが別々で使うようにしたのです。
そして机は置きましたが本棚を置く事はできませんでした。狭いからそれも仕方がないのです。
壁を真っ白にして、カーテンも真っ白にしました。このほうが落ち着くみたいです。
毎日その部屋で過ごすのです。だから子供たちの好きなようにしました。インテリアを決めたのは子供たちなのです。
淡いピンク色の花を飾っていました。花が好きなので見ているだけで落ち着いて、勉強もはかどっているみたいでした。
親があれもこれもと決めてしまいがちですが、子供の好きなものを一つでもいれてあげると子供は嬉しいものです。勉強だってすすんでするようになるのです。特に部屋のインテリアはとても大事だと思います。一日のほとんどを過ごす部屋でもあるので、子供の好きなものをとりいれたインテリアが必要なのです。
そろそろ、子供一人一人が部屋を持てるように、新築一戸建ての購入を考えようかなと思っています。