子どものしつけはほどほどに

よく見かけるのは頭ごなしに怒っている親です。そんな親を見ていると、とても嫌な気分になります。どうしてそうなってしまったのか、ついつい考えてしまうのです。

私は母には怒られた事はありません。悪い事をしても、怒られた記憶はないのです。なぜかというと、母は怒らずに何が悪かったか、どうすればいいかをちゃんと教えてくれるのです。だから怒った事は一回もありません。

そんな母に育てられた私は、同じようにしてあげたいと思っていました。でもなかなか悪い事をしたわが子を、怒らない事ができなかったのです。だから私もついつい、怒ってしまいます。でも一回怒って、その後は優しく何がいけなかったか教えるのです。そこが大事なのです。

怒るだけがしつけではありません。だから私は怒ったら、その後は子どもを優しく教える事にしています。本当は最初から怒らないほうがいいのかもしれません。でも母のようにはできませんでした。私は私なりの方法でいいと思います。