お父さん、お母さんと呼ばせたい。

息子にはパパ・ママではなく「お父さん・お母さん」と呼ばせたいと思い、乳児期から子供に話しかける時も「お父さん」「お母さん」と言うことに気をつけていました。

それには理由があります。

私自身が「パパ・ママ」と呼びながら育ったことです。

私が子供のころ、周りでパパ・ママという呼び方をしている子がほとんどいませんでした。

人に親の事を話す時などもその時だけ「お父さん・お母さん」と呼ぶことに気恥ずかしさを感じていました。

男兄弟も皆、パパ・ママと呼んでいましたが、思春期に入るころにはそう呼ぶことに恥ずかしさが出てきたのか、親を呼ぶ時は「ねえ、ちょっと」などと呼ぶようになりました。

成長とともに、「お父さん・お母さん」に変われたたらよかったのですが、結局男兄弟たちは、結構大人になるまでそのような感じで、いつの間にか人に話す時などは「おやじ・おふくろ」となりましたが、なんだかそういうのを見て親も子もつらいよなぁと思ってしまったのです。

私の子供も息子です。

私たち夫婦はパパ・ママと呼ばれるような見た目ではないのと、自分自身や兄弟が成長とともに「パパ・ママ」と呼ぶことが気恥ずかしくなってしまったこと、そして今更呼び方も変えることもできず、いい年をした大人がパパ・ママとはやはり呼びにくいのです。

子供は小さなころはパパ・ママの方が呼びやすいし、親も早く読んでほしいという気持ちから自ら「パパだよ~」などと子供に話しかけてしまいがちですが、ここは根気よく「お父さん・お母さん」と呼び続けて幼児言葉で読んでくれた時のかわいらしさ、そして成長とともに「お父さん・お母さん」と呼んでくれた時のうれしさもまたかけがえのないものとなりました。

この事だけは夫婦で共通の考え方だったので、良かったと思います。