心を豊かにするのは学校選びだけではない

子育てで気にかけることは、教育でしょう。
幼稚園から小学校に上がる時でも、有名私立の小学校に通わせて、できるだけ環境の良い中で、伸び伸びと育ってくれることを望むのが、親心かもしれません。

 
しかし、このような環境でも子供を育てることができる家庭は、そんなに多くはないでしょう。学費もかなりかなりかかってきますし、親の負担は大変なものです。
できるだけ心を豊かにするには、情操教育に重きを置いている学校を選ぶことを考えますが、必ずしも私立の学校だけが全てではないと思います。

 
普通の子供達は、地元の公立小学校に通っていますが、その中でも、豊かな心に育てることは、十分にできるはずです。
それは家庭環境が大事だからです。

 

過度な教育を子供に詰め込むのでなくて、ごく普通の生活の中で、子供の成長を見守ることも1つです。
公立学校の中で、多くの友人と囲まれて、集団生活をできるようにさせる方が、成長してからの人間関係の尊さを理解できるはずです。

 

学校選びも大事ですが、暖かい家庭環境の中で、子供を見守ることが、子供の精神的な成長を促してくれると思います。