ハウスメーカーの住宅も下請けにより仕上がり色々?

ハウスメーカーに注文する一戸建て住宅でも、下請けの建設会社によっては結構善し悪しが分かれるのですよね。「なんの善し悪しか」と言われれば、もちろん一戸建て住宅の仕上がりの善し悪しです。

ハウスメーカーが提案する一戸建て住宅は、そのほとんどの場合が設計図や大まかな資材の指定が入るものの
実際に一戸建て住宅を建てるのは、地元の建設会社だったり工務店だったりするのです。

つまりは、大手ハウスメーカーから各地域の建設会社へと受注されるというわけです。
ですからどこの住宅もパッと見た目は同じように見えますよ。
けれども内部や細かいところに関しては、結構クオリティーの差が出るのです。
だって、仕事が雑な建設会社もあれば、丁寧な建設会社もありますからね。

また、一戸建て住宅の建設を発注するハウスメーカー側にしても、費用ギリギリで仕事を出すものですから、そりゃあ仕事を受ける建設会社にしましても、限られた費用のなかで出来るだけ儲けを出すために、資材を節約したり工期を短くしてできるだけ人件費を浮かせたりと工夫するでしょう。
必ずしもすべての会社がそうであるとは言えませんけれど。

ですからハウスメーカーで既存の住宅を検討する場合は、必ず下請けとなる実際に工事をおこなう会社のことも合わせて聞いておくべきです。
そして評判も合わせてチェックしておきましょう。