私の年子育児の経験で大変な事はこれ、でもやっぱりこどもは可愛い

私が子育てをしているとき、年子でどうしても上の子に構ってあげる事が出来なかった事があります。

いろいろと我慢させてしまった事を後悔しています。

夜中に1人が起きて泣くと、もう1人も連鎖的に泣き始めて収集がつかなくなって、上の子に当たってしまった事、もう少し構ってあげられればよかったなと思います。

やっぱり年子育児は大変なので計画的に子作りをすればよかったと後悔しました。

そこで、一緒に寝ている旦那さんにお願いして、抱っこしてもらったりミルクを飲ませてもらったりして、上の子が泣いたときは私が対応できるようにしてもらいました。

日中も積極的に下の子を見てくれたので、上の子と2人でお出掛けをしたりできたので、少しは上の子の寂しい気持ちを埋めてあげる事ができたんじゃないかと思っています。

お互いの両親にもお願いして、下の子を預かってもらったりもしました。

やっぱり上の子もとても嬉しそうにしていたので私も嬉しくなりました。

同じように悩んでいる人もいるとは思いますが、やはり1人でなんでもやろうとせず、周りの人たちにどんどん頼っていいと思います。

どんな母親も1人で全責任を負うなんて無理だから、時には少し気を抜いて、手を抜いてもいいと思います。